寝ている間にも大量の水分が奪われています。

効果的な飲み方

効果的な飲み方

タイミングと量の確認

私たち人間にとって水分というのはとても大切なものです。成人の身体のおよそ60%~65%は水分で構成されているとも言われており、常に水分は循環していますので新しい新鮮な水を体の中に取り入れてあげることが健康や美容に繋がってきます。とはいえ、どのようなタイミングでウォーターサーバーを利用すればいいのか、毎日どれくらいの量を飲むのが理想的なのかというのはあまり知られていません。そこでここでは1日の水分の排出量や摂取量を踏まえた上で、毎日の生活の中でどのようなタイミングにウォーターサーバーを活用するのが良いのかを紹介していきます。

まずはじめにチェックするのは1日にどれくらいの水分を排出しているのかということです。身体の中の水分は栄養素や代謝物などを運搬するだけでなくて体温の調整機能も担っています。健康を維持するためにはきちんと水分補給をしなくてはならないと言われているのはこれらの理由からです。成人男性の場合、排出する水分の量は1日当たりおよそ2.3リットルだと言われています。尿や汗だけでなく、呼吸や皮膚呼吸を通じて水分が失われています。内訳を見てみると尿、便でおよそ1.3リットル、呼吸・皮膚呼吸で1リットルとなっています。つまり、単純に考えてみても1日あたり2.3リットルの水分を補給しなくてはならないということになります。

ウォーターサーバーのお勧め

※このサイトのランキングは、当サイト運営者独自の判断基準により順位付けしたものです。

「迷われてる方向け」無料お試しができるウォーターサーバー

  • アクアクララ

    アクアクララ 27万人が利用しているアクアクララの無料お試しセット。床置き型か卓上型を選んで、本体を約1週間無料でレンタルできるほか、12Lのお水が1本無料となっています! クリティア公式

1日の水分補給に

最適な量

成人の場合1日の水分排出量が2.3リットルもあることが分かりました。この水分排出量を補ってあげるためには食べ物、飲み物で水分を補給していく必要があります。日本人の一般的な食事では平均で0.6リットルの水分を摂取することができると言われています。さらに、栄養素を分解する際に水分が発生するのでトータルで見ると0.8リットル分の水分は食事から補うことができると言われています。特にお米からの水分の吸収率は高く、健康的な生活にお米が良いと言われているのはそのあたりも関係していると考えられます。食事から0.8リットル分の水分を摂取することができるため、残りの1.5リットルは飲み物から補給してあげなくてはなりません。

もしも水分排出量と水分摂取量のバランスが崩れてしまうと体調の乱れや様々な症状に繋がってきてしまいます。特に夏場は汗をかくことかお得.水分不足に陥りやすいので注意が必要です。脱水症状や熱中症といった場合によっては命に関わるような症状を引き起こすこともあります。また、水分を過剰に摂取し過ぎてしまうのも注意です。水分を大量に摂取してしまうとナトリウム濃度が低下して水中毒という症状を引き起こしますし、内臓にも大きな負担をかけるため消化不良や倦怠感を引き起こすこともあります。

効率よく使う

目覚めてすぐに飲む

ウォーターサーバーを使って水分を補給を行う場合「一度にたくさん飲む」のではなく「こまめに分けて水分補給をする」ことが大切です。一度にたくさん飲んでしまうと先ほど紹介した水中毒を引き起こすリスクが高まります。一度に飲む量はコップ1杯程度の150ミリから250ミリリットルくらいがちょうど良いと言われています。これらの量を摂取すれば1日につき6回から8回のウォーターサーバーの活用で十分な水分を確保することができるようになるというわけです。多くの方は喉が渇いた時や、食事と一緒に活用しているかと思います。これに加えて次のようなタイミングにもウォーターサーバーを使ってみましょう。

まず最初は朝目が覚めたときです。寝ている間に呼吸や皮膚呼吸によって大量の水分が奪われています。血液の濃度も高くなっているため朝目覚めの1杯は体にとって非常に重要な水分補給のタイミングになります。次は出勤や通学の前にコップ一杯の水を飲むということです。特に運動前は必ず水分を取るようにしましょう。そしてお風呂に入るときにも水分をとっておきましょう。できればお風呂に入る前と入った後も2回に分けて水分補給を。最後は夜寝る前にコップ一杯の水を飲むようにします。これで寝ている間の血液の濃度の上昇を防ぐことができます。

こんな記事も人気です!

注目記事 ウォーターサーバーは美味しく水を楽しむために導入しているという人もいれば健康な身体を手にいれるために導入しているという方も多いです。では実際にはどのような健康効果があるのでしょうか。ウォーターサーバーで健康的な身体を手にいれるためにはミネラルウォーターを使用しているものを選ぶことがポイントの1つとなってきます。ミネラルウォーターの中には普段の食生活の中ではなかなか補うことができないようなミネラルが豊富に含まれているため、これらを毎日の飲料水のなかで摂取することができるというのは大きなメリットになります。

特に大事なのはミネラルウォーターの中に含まれているカルシウムの量です。カルシウムは普段から不足しがちで、足りない分は骨から溶け出しています。これから溶け出したカルシウムは血管にこびりつきやすく、それが動脈硬化や脳梗塞などを引き起こしているとも言われています。ですので、カルシウムなどが豊富に含まれているウォーターサーバーがおすすめです。その他にも健康成分として注目を集めているバナジウムが多く含まれているタイプのものを選ぶのもコツの1つ。バナジウムは血糖値をコントロールしているインシュリンの働きを促進する効果があるため糖尿病対策やダイエットに効果的なんです。

詳細記事へ