購入するには最小単位が決まっているところが多い。

失敗しない選び方

失敗しない選び方

目的で選ぶ

ウォーターサーバーはどれを利用しても「美味しい水」が飲めるというわけではありません。またいくつかのサーバーには赤ちゃんのミルクや離乳食には適さないものもあります。それぞれの機器によって目的が明確に分かれているのが特徴の1つです。失敗しない選び方としてはまずは目的をはっきりとさせた上でどのようなタイプにするか選んで行くことが重要です。

美味しい水を飲みたいという方は軟水に分類される天然水がおすすめです。例えば人気の高い富士山の天然水を使ったウォーターサーバーなどは健康効果はもちろんのこと、美味しく飲むことができるから続けやすいというのも大きなメリットとなっています。料理用を目的として選ぶ場合もまた軟水のタイプがおすすめです。和食は軟水によって素材の味を引き立てやすくなるのでおすすめ。健康の為に取り入れたいという場合は硬度の高いものを選んでいくと良いでしょう。

カルシウムやマグネシウム、バナジウムなどが多く含まれているものほど優れた健康効果を発揮することができることがわかっています。しかし、硬度の高い水は赤ちゃんには利用することができない、人によっては口に合わないこともあるのでできればお試しコースなどで事前にチェックしておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーのお勧め

※このサイトのランキングは、当サイト運営者独自の判断基準により順位付けしたものです。

「迷われてる方向け」無料お試しができるウォーターサーバー

  • アクアクララ

    アクアクララ 27万人が利用しているアクアクララの無料お試しセット。床置き型か卓上型を選んで、本体を約1週間無料でレンタルできるほか、12Lのお水が1本無料となっています! クリティア公式

ライフスタイル重視

ボトルタイプやデザイン性

ウォーターサーバーを選ぶときにはライフスタイルに合わせたものを選んでいくようにしましょう。例えば、外出することが多いという方はリターナブル方式(リサイクルするボトル)のよりもワンウェイ方式(使い終わったらゴミとして出すことができるボトル)の方が適しているでしょう。また、最近ではエコに配慮したものが多く登場してきており、環境問題に取り組んでいる方はリターナブル方式やガロンタイプのものが良いですね。とはいえ、使い捨てタイプのボトルでも資源ゴミとしてリサイクルされますので環境に反するということはありません。

その他にも選び方の大事なポイントとしてインテリアが挙げられます。例えば部屋のレイアウトにぴったりのシックなデザインのものや、サーバーを置く場所を確保することができない人でも手軽に導入することができる卓上タイプなど、様々なライフスタイルにマッチした機器が用意されています。特にウォーターサーバーは家に有ると非常に目立つものですので、見た目もかなり大事なポイントになってきます。最近では卓上タイプよりもさらにコンパクトなものも登場してきており、リビングだけでなく寝室やお風呂場に設置することができるものも。

料金の目安

毎月の消費量を考える

ウォーターサーバー選びのポイントの1つに料金が挙げられます。いくら便利で美味しい水を飲むことができるからといっても料金があまりにも高くついてしまうと長く続けるのが難しくなってしまいますよね。ですので、無理をして値段の高い天然水を選ぶ必要はなく、比較的リーズナブルな料金で楽しむことができるRO水なども候補に入れてみましょう。ちなみに、一人暮らしの場合は1ヶ月あたりおよそ10リットルから12リットル程度の水の消費量が多いと言われています。ほとんどの機器は12リットルのボトルを採用していますので1ヶ月につき1本ずつ購入することが多いです。もちろん夏場は消費量が増えますので随時追加注文することができるウォーターサーバーは便利ですね。

いくつかのウォーターサーバーは購入するノルマが設定されている場合がありますので選ぶときにはこの点はしっかりとチェックしておくべきです。レンタル費用は無料になっているけれど、必ず3本以上購入しなくてはならないなどの購入ノルマが設定されていると特に少人数の家庭ではそれが負担になってしまうこともあります。より柔軟に利用したいという場合は購入ノルマのない商品を探してみるのも良いでしょう。

こんな記事も人気です!

注目記事 日本の水道水の技術は世界でもトップクラスで、審査の基準も非常に厳しいものとなっています。そのため、わざわざウォーターサーバーを入れなくても水道水で十分じゃないかという人も多いです。しかし最近ではミネラルウォーターを使っている人が増えてきていますよね。水道水の安全面が気になるという方も多いですが、それ以上に「水道水は美味しくない」という理由でウォーターサーバーを使っている人が増えています。確かに、水道水は雑菌などが繁殖しないように塩素をたっぷりと使用しています。この塩素が水道水の味を悪くしているんですね。

もともと日本は水資源が豊かな国ですので、自然災害などが起こらなければいくらでも採水することができます。しかし採水されたものは家庭排水や工業排水などによって汚染されているためどうしても塩素が必要なんです。その点ウォーターサーバーは自然のミネラル豊かな水をろ過しているものがほとんどで、美味しく飲むことができるだけでなく安全性の面も非常に高くなっています。水道水も工夫をすれば美味しく飲むことができますが、手軽に美味しい水を楽しむことができるウォーターサーバーが人気を集めているのはこのためです。

詳細記事へ